akamatsu号に乗って

ヒルクライムが好きな河合のブログです
viosmartJ HR+の遊環

今日は堺浜に微妙な雨雲が掛かりそうだったので

DNSして30分間室内練

その後、コナミへ行ってプールを歩いて来ました

 

さて本題・・

 

ガーミンのマルチスポーツウォッチ

fenix5plusを現在修理に出している為

それ以前に使用していた

vivosmartJ HR+を復帰させて使っています

 

以前、ベルトの遊環(留め具)が千切れてしまい

純正品が見当たらなかったので(もしあっても多分高いw)

社外品のベルトをアマゾンで購入して使っていました

↓既に社外品のベルトに交換済

 

しかし設計がかなりいい加減で

純正の遊環に付いていた出っ張りが無い・・

留めたつもりでも、使用しているとすぐに

 

遊環が自然に外れてこうなってピラピラしてしまうのですw

 

付けていて、どうしてもうっとうしいので

amazonで調べてみたら・・・

出っ張り付きの遊環(左がそうです)が販売されていました!

 

3つ入りのみですが、多分また千切れるので予備はありがたい!

早速注文して届いたので装着!

外観は全く変わりませんが、遊環が勝手に外れなくなりました

良かった良かった!!

 

本来なら外品と言えど純正と同じ作りにしといて欲しかったし

 

もっと言うならガーミンがvivosmartの付属品として

予備の遊環くらい入れておいて欲しかったですね〜

| 河合 | 機材・グッズ | 22:21 | comments(0) | - | -
スポーツグー

当ブログにたま〜に登場している

靴底補修材の「シューグー

コレ、自転車シューズの滑り止めゴムが

すり減って来た時にも凄く便利なんです

 

シューグーが当ブログに初登場した2011年の記事

 

 

そして今回ご紹介致しますのは・・

黒くて硬めの仕上がりになるシューグーとは

少し違った性質の「スポーツグー」です

コチラはスポーツ用品の補修用で

硬化しても弾力があり、無色透明の仕上がりです

 

河合が今まで使った用途を挙げますと

 

・ランニングシューズの靴底補修

・LOOKグリップ付きクリートのグリップゴム補修

・小径車のタイヤの少し大きめなパンク跡の補修

どれもバッチリ使えました、耐久性もバッチリ

 

弾力があるのでホイールマグネットの固定なんかにも

弾性接着剤の代わりとして使えそうです

 

 

そして今回新しい使い方をしてみました

 

マグネット式簡易カメラ三脚「tiltpod(チルトポッド)」

以前書いた紹介の記事はコチラ

気に入って使っていたのですが

 

裏側の緑色ゴム部分

(コレは2個持ってるうちの無事な方です)

この部分が加水分解してしまったのか

ガムテープばりにネチャネチャするのですw

めちゃくちゃ不快な感触です(´;ω;`)

 

ちなみに加水分解とは

ウレタンやゴム製品など購入してから時間が経つと

(長らく使っていないと発生率が上がる気がします)

空気中の水分と化学反応を起こしてグズグズに崩れたり

ネチャネチャになったりする困った状態で

スニーカーのソール、G-SHOCKのウレタンバンド

カメラのグリップなど色んな物で起こります

自転車だとSTIレバーのフードなんかでも起こります

 

軽度な状態ならば紙ヤスリや耐水ペーパーで

ゴシゴシ表面を削り落とし、シリコンスプレーでも

掛けておけばOKだったりしますが

 

今回のtiltpodは中度の症状で削ってもネチャネチャは無くならず・・

(ちなみに重度だと完全崩壊します)

 

そこで、臭い物には蓋!の発想

スポーツグーをメメタァ!!と塗り、一晩乾燥させてみました

我ながら・・きったない仕上がりdeath(´・ω・`)

当然触ってもネチャネチャせずサラサラ

実際何度か使用してみて全く問題無く使えました

 

「スポーツグー」はなかなか使える奴です!

他にも良い使い方を見付けたら書こうと思います〜

| 河合 | 機材・グッズ | 20:53 | comments(0) | - | -
コイン型電池CR2032

自転車関連に一番多く使われている

コイン型電池はCR2032ではないかと思います

 

LED小型ライト、スピード/ケイデンスセンサー

心拍センサー、メーター本体、パワータップetc・・

 

ちなみに型番にも意味があるようでして

C(二酸化マンガン・リチウム電池) R(円筒型形状)

2032はサイズ:直径20.0mm 高さ3.2mmを

表しているそうです。

 

参考リンク wiki電池まめ知識(ソニー)

 

ホームセンター、電器店、スーパー、コンビニ

色んな所で購入可能ですが

国内メーカー品だと大抵1個当たり200円前後

消耗品としてはなかなかの価格です

 

しかしセリア、キャンドゥ、ダイソーなど

100円均一のお店でも2個入り100円で売られていて

持ち自体にあまり違いを感じませんでした

(2010年当時の話ですが・・)

 

ネット上に性能を比較しているページがいくつもあります

興味のある方は検索してみて下さいませ こういうページ

要約すると

値段なりの品質なので自己責任で という感じらしいですw

 

そんな訳で河合は100均の物を愛用していたのですが

近所のコチラのお店で

 

 

5個入りCR2032を発見!(レジ前に吊り下げてました)

 

 

お値段なんと99円(税別)!!

最近河合はコレを大量に購入して使用しています

1個当たり約20円!!

 

 

初期電圧も3.36Vと優秀!

導入してから半年以上経ちますが

100均電池とは全く使用感変わりません、お得だぜ!!

(一流メーカー品はもう長らく使ってないので知りませんw)

 

 

泉が丘や河内長野にもお店があるようです。

お近くにお住いの皆さんも

激安コイン型電池を試してみては如何でしょうか?

・・あくまでも自己責任でw

| 河合 | 機材・グッズ | 08:02 | comments(0) | - | -
クロモリ号サドル変更

日曜のぶどう練終了後の歓談時

河合のイボ痔対策として

レッドさんから穴あきサドルを勧めて頂きました

 

そして・・自宅に穴あきサドルがある事を思い出す!

 

YOSHIMIの小径車を作った時

そしてYOSHIMIのロードを作った時

どちらも女性向けサドルなのでしたが

YOSHIMIには合わずで眠らせていました

(ボントレガー女性用で落ち着きました)

 

ロード用に最初付けていたサドル

(新品に近い状態)をとりあえずクロモリ号に装着!

セライタリアSLR(135g)からジェルフローSLC(225g)

約90gの重量化でしたがお尻(肛門付近)への優しさ重視!

ジェルが入っているらしいですが全然柔らかくはありませんw

 

サドル表皮からレールまでの高さが(ノギスで計測)

1cm高くなっていたのでサドルを1cm下げました

 

乗ってみてしっくり来れば

眠っていたサドルが役に立って儲けもんです

合わなければもう1種あるので試そうと思います

| 河合 | 機材・グッズ | 22:25 | comments(0) | - | -
メーターとシューズ新調

衛星を捕捉するのに20分以上掛かったり

電池残量表示がいつでも100%だったり

アクティビティが1999年8月22日9:00

になってしまったりと

散々なガーミンEDGE500Jでしたが

思い切って520Jに買い替えました

ばんざーい!

 

そしてソールが剥がれ、BOAダイヤルの付け根の

ネジ切りが一部バカになってたスペシャのシューズも

ついでにフィジークのR5というシューズに買い替えました

わーい!

 

どちらもカワハラダさんで購入、お世話になりました!

久々の自転車グッズ新調に心躍る河合です

 

まずサラッとシューズの使用感

クリート無しで273g、まあまあ軽いです

細身でフィット感が抜群に良かったのが気に入りました

 

日曜日に実際使ってみて・・ソールがペコペコしなくて最高!!

ペダリングしてみてもカッチリ感が良い感じでした!

・・と、何の参考にもならない感想ですみませんww

 

 

そしてガーミン520Jですが

画面保護のシート、専用品は高いので

100均のスマホ用光沢保護シートを購入!

 

メーターの画面にくっついていた

画面表示例兼、商品保護シートを捨てずに

100均スマ保護シートに貼り付けて

ハサミでチョキチョキ!!

我ながらビンボー臭いぜ!w

ちなみにウォークマンとかもこの方法で安く上げてます

 

 

メメタァ!と貼り付けて

あわわ!はじっこがはみ出していて気泡が入ってしまう・・

何度かチョキチョキ修正をして・・

 

完成!

はじっこに余計な隙間が出来て少々美しさに欠けますが

河合は(゚ε゚)キニシナイ!! だって100均だもの

 

ちなみに520Jには「地図データ」が一応入ってるのですが

道の表示は無く、白〜くてだだっ広い地形図に

和泉市このへん、岸和田市このへん、堺市このへん、みたいな

こんなもので何を調べろというの!?という疑問符しか出て来ない

ゴミみたいな地図データでしたw

 

グーグル先生で検索してみると

どうやら先人たちはOpenStreetMapという

有志で作られた地図データを入れるという

素晴らしい方法を実行されていました

 

コチラのブログを参考にさせて頂きました

 

 

うおお!ちゃんとした地図が出たー!

 

そんな訳で・・メーターとシューズを新調して

ウキウキワクワクな河合なのでありました

| 河合 | 機材・グッズ | 23:20 | comments(0) | - | -
折り畳みリュック
7年ぐらい前だったでしょうか、東急ハンズで買った
折り畳みリュックは収納時はめちゃ小さくて
広げるとかなりの容量で、野菜や果物など
自転車で走りに行った際におみやげを入れるのに
とても重宝していました

しかし最近、肩紐の付け根がちょっと怪しい感じに
なって来たのでローテーションで使える様に
先日、天王寺へ行った際に新たな折り畳みリュックを購入

ウルトラSILデイパック


パッケージ裏面


左が今までのハンズ折り畳みリュック
更にコンパクト!驚くほど小さいですw
(価格は倍近くしましたが・・)


重量測定
68g(めっちゃ軽いです)


71g(カタログ値より3g重いですが充分軽いです)


開いたところ、容量はどちらも同じ位です
生地の違いでクシャクシャですw


今度のは肩紐が太くて負担が少ないです
しかしなかなかのクシャクシャ振り・・


実際に使ってみました
柿4個だけ入れてます、あと20個は入りそうですw
やはり肩への負担が少ないと感じました

これからはコチラもガンガン使って行きたいと思います

使用上の注意点としては
所詮は折り畳みリュックなので生地はペラペラ
入れ方をちゃんとしないと、尖った部分など背中に当たると痛いです
また、滑り止めやパッドなども当然無いので
背負っているとどうしても右や左にズレたりもします
それでもナップサックよりは負担も少なく安定感もあります
その辺を理解した上で、割り切って必要な時にだけ取り出して使えば
物凄く便利だと思います


本日のスーパーバイク
朝:休み、夜:60分(軽く)


当ブログは「ブログランキング」に参加しています
下記バナーをクリックして応援してやって下さいませ〜

人気ブログランキングへ
| 河合 | 機材・グッズ | 21:37 | comments(0) | - | -
100均サングラスケース
河合夫婦が使用しているオークリーのサングラス
「レーダー」ですが、付属のケース(左の黒い奴)がでかい!重い!
家に置いている時はまだいいですが、レースに持って行く時
このでかさは邪魔です。100均(セリア)で一か八かサングラスケースを購入

今まで市販品のサングラスケースはレーダーが入らない物ばかりでしたが
まさか100均で入る物があったとは驚きです

開いて入れてみたところ
もちろんフタもファスナーで閉めて収納できます


ケース単体の重量は・・
純正137gと無駄に重い・・


100均は驚きの38g! めちゃくちゃ軽いですw
100均はこういう掘り出し物があるので面白いです


本日のスーパーバイク
朝:休み、夜:60分


当ブログは「ブログランキング」に参加しています
下記バナーをクリックして応援してやって下さいませ〜

人気ブログランキングへ
| 河合 | 機材・グッズ | 22:02 | comments(0) | - | -
S-Worksシューズboaダイヤル交換
2010年12月に購入してずっと使っている
S-Worksのシューズ

時々ウタマロ石鹸とブラシを使って丸洗いしたり
シューズクリーナーで表皮を磨いたり、マジックでタッチアップしたり
河合にしては大事に綺麗に使っております

しかし最近になってboaダイヤルの右足上部がバカになり
勝手に緩んで来るようになってしまいました
ワイヤーも錆が発生しており、それもちょっと心配です
全体的にへたって来てはいますが、ペダルを買い換えたばかりの河合に
シューズまで買い換える経済的余裕はありません

ネットで調べてみるとboaダイヤルとワイヤーは自分で交換出来そうです

必要な物
ニッパー(金属製のワイヤーも切断出来る物)
目立つ色のマジック(白なんかが良さそうです)
使い捨てて良いハブラシ(あれば)

河合の2010年モデルに使用されているboaパーツキットは
S1-Mという物のようですので、ココで購入しました

ちなみに1個のキットに左右1ペア分しか入っていないので
2個購入せねばなりませんでした(送料込み3348円也)

それがコチラです
ダイヤルの付け外しに必要なトルクスレンチは
キットの中に付属しています

イラストだけで分かるような割と親切な説明書きが入っていました




左用には赤の印、右用には青の印がリールとダイヤルそれぞれに
小さく塗られているのも親切です(この画像では全く分かりませんがw)

それでは早速ダイヤルを取り外します






片側の結び目を引っ張り出してニッパーでパッチーン!
古いリール&ワイヤーを抜き取ります


新品のワイヤーは無駄に長いので、今まで使っていたワイヤーのサイズと
同じ長さにして切断せねばなりません
結び目を作る分の余裕を持たせてマジックで印を付けました
ここでまだ切ってはいけません

こんな時ぐらいしかお手入れ出来ないという事で
ダイヤルの嵌っていた箇所をハブラシで掃除しておきました


新品リールのワイヤーを通し、結び目を作ってそれを固結び状態にしてから
ニッパーで切断しました


右用なので青い印が小さく付いています
印を合わせてダイヤルを嵌めます


クルクル締めて完成!


左足側も同じように交換してから
今度は下段に着手
結構めんどくさい作業でした
説明書が分かり易いので難しくはないですが
めんどくさい!!

そんな訳で無事にboaダイヤルの交換が完了しました
綺麗になったー!!


新品の時のクリック感、しっかりとした締め付けが戻って来ました
これでまた安心して使えそうです(嬉)


そんな訳で本日のスーパーバイク
朝:休み、夜:60分


当ブログは「ブログランキング」に参加しています
下記バナーをクリックして応援してやって下さいませ〜

人気ブログランキングへ
| 河合 | 機材・グッズ | 22:46 | comments(0) | - | -
消音出来る気付き鈴
河合夫婦、歩行者を追い抜く際は
挨拶など声を掛けてから通らせて頂いておりますが
背後からいきなりの声掛けで驚かせる事なく
先ず自転車の存在に気づいて貰う為の補助グッズとして
「鈴」を使っております

「鳴りっぱなし」なのも時に邪魔だったりします
だからと言って消音機能付きの鈴やベルをわざわざ買うのも
高いし大層だし〜
・・ってな訳で河合が最近行っている消音方法を紹介致します

某所のお土産で買ったフクロウの鈴です


ここにストラップでCATEYEのケイデンスマグネット(赤丸)を繋いでいます
スポークに付ける奴でも行けると思います
普段はブレーキやシフトワイヤーにくっつけておきます
(ワイヤーは鉄なので強力にくっつきます)

この状態ですと路面からの振動で鈴はチリンチリンと鳴ります


そして鈴の音を消したい時は・・マグネットを鈴に近付けると
パチーン!と中の球とケイデンスマグネットが合体します
こうすれば見事に音が消えてくれます!

鈴本体が鉄以外の材質(真鍮など)で、中の球が鉄ならば
大抵上手く行くみたいです

興味のある方は是非試してみて下さいね〜

当ブログは「ブログランキング」に参加しています
下記バナーをクリックして応援してやって下さいませ〜

人気ブログランキングへ
| 河合 | 機材・グッズ | 22:03 | comments(0) | - | -
mioFUSEについて続報
先日、満タンに充電していた筈なのに
僅か2時間半でバッテリー切れになってしまった
腕時計型心拍センサーmioFUSE

もしかして初充電だったから
キッチリ満タンまで行かなかった?と思い
昨晩帰宅後に満充電し、腕に巻いてセンサーONで
就寝しました・・結果、起床後もちゃんと動いて
6時間以上は作動する事が確認出来ました
良かったです(ホッ

そしてまた充電中のmioFUSE
設定用アプリが使えないので、時計合わせすら出来ず
TIMEモードにすると1時間くらい遅れた時間が表示されますw
とりあえずmiolinkと同じくらい電池が持ちそうで安心しました


話は変わりまして
昨晩、堺浜へ行っていて帰宅後バタンキューだったので
全く気付けなかったのですが、ビターさんからペダルのお礼にと
とっても美味しそうな日本酒が届いていました〜!(嬉)
わざわざご丁寧にありがとうございます!
お酒が大好きな河合夫婦なので、めちゃくちゃ喜んでます!!
ちびちび。。いやgbgb?頂きたいと思います〜!!


お酒と言えば・・実はYOSHIMIのツールド八ヶ岳優勝お祝いにと
あっちゃんからもお酒を送って頂いておりましたー!(嬉)
あっちゃん、ありがとうございました!
いつ飲もうかとワクワクしながら二人で毎日眺めてますw
また僕ら夫婦と走りでも飲みでも遊んでやって下さいね〜!



そんな訳で本日のスーパーバイク
朝:堺浜疲れで眠くてお休みw
夜:葛城山の走行映像でミドルペース60分


当ブログは「ブログランキング」に参加しています
下記バナーをクリックして応援してやって下さいませ〜

人気ブログランキングへ
| 河合 | 機材・グッズ | 21:22 | comments(0) | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ