akamatsu号に乗って

ヒルクライムが好きな河合のブログです
<< 自衛隊横朝練 | main | 熊野古道ヒルクライム当日 >>
熊野古道ヒルクライム前日

11/4(日)に開催される

那智勝浦町熊野古道ヒルクライムに参戦すべく

和歌山県那智勝浦町へ!

 

今回は大泉愛輪会のI原さん、本城さんと

河合夫婦の4名で一緒に行きました

 

6:40頃に会社から借りたハイエースで

自宅を出発して大正区役所前へ向かいます

阪神高速堺線が工事で通行止めなのを

すっかり忘れていて待ち合わせの8:00に

遅れてしまうのでは!!と焦りましたが

ギリギリセーフで大正区役所前に到着〜(ホッ

(本城さん、少し待たせてしまってごめんなさい)

 

臨海線で阪南市まで南下してから

高速に乗って和歌山県入り

 

紀ノ川SAで小休止

とても良い天気です

ちなみにI原さんは台湾レース以降に体調を崩しておられ

体調不良を押しての参加となりました

 

河合のノロノロ運転で

海南、御坊、みなべ、そして無料区間の白浜〜すさみ

すさみでR42へ

 

道の駅すさみで休憩&昼食タイムです

 

水槽で泳ぐ魚たち

 

 

・・を激写するI原さんを激写!(お約束w)

 

 

他の水槽で泳いでいたカラフルなハコフグやカクレクマノミ

 

 

・・を激写しているI原さん!

 

 

特産戦隊スサンジャー参上ッ!

お二人とも無茶振りに応じて下さってありがとうございますw

 

 

 

枯木灘(かれきなだ)をバックにパチリ!

 

先日もイベントがあったようですし、すさみ町は

サイクリングコースとしてのPRに力を入れていますね〜

 

昼食に梅ぶっかけうどん定食を頂きました

味は・・普通でしたw

 

 

いただきまーす!

 

 

リスタート後、R42を走って串本町へ

橋杭岩へ立ち寄りました

旅行気分で楽しいw

 

体調が良くない(単独参加ならDNSにしようと思っておられた位)

にもかかわらず、冒険心が隠し切れないI原さん

結構ハードな場所にある岩に移ろうとしておられますw

 

近そうに見えるかも知れませんが

実際はかなりスリリングな距離と高低差でした

 

 

移動・・成功!!

戻る時が心配w

 

 

やったぜ!

 

早速カメラを構えるI原さん

 

河合は怖くて移動できませんでしたので

橋杭岩を激写するI原さんを手前の岩から激写〜!

 

風が結構強かったです

 

白い波しぶきを上げる荒海を撮影中

 

水辺を観察中の本城さん

 

水中には小さなヤドカリが一杯居ました

 

 

 

 

途中から全員景色そっちのけでヤドカリや小魚の観察会にww

 

 

イソギンチャク

YOSHIMIから「ゴミみたい」と手厳しい言葉を

掛けられていた可愛そうな子ですww

 

消防署のイベントが開催されていました

 

放水〜!

 

橋杭岩で散々楽しんでからリスタート

那智勝浦町のブルービーチ(会場)に到着〜!

 

レッドマンさんと再会〜!(嬉)

明日はバイクで先導をして下さるそうです

 

冬桜?が咲いていました

 

受付を済ませてから買い出しへ

宿は別々なので、I原さんと本城さんを送り届けてから

河合夫婦はパルスイン勝浦へチェックイン

車の中でごにょごにょと自転車にゼッケンやタグの取り付け

空気の補充など済ませておきました

 

レッドさんとパチーリ!

明日はお互い頑張りましょう〜!

(今回は3名とも下りの無いBコースなのです)

 

レッドさんの乗鞍年代別優勝を期に

ヤル気のスイッチが入ってインターバル練をするようになり

レッドさんから色々な指南も頂き、意識して練習

河合も少しは力も取り戻して居る筈!

(ニシカワさん、ご一緒下さって感謝しています!)

しかしダイエット全くせずで体重は58kgとめっちゃ重いw

 

明日はどこまで走れるか、調子を戻せているか

ちょっと楽しみです!

ここ2年以上、自転車のモチベーションが

ダダ下がりでしたが

こんな気持ちでレースに臨める事になれて

(実はYOSHIMIも最近やる気が出てます)

本当に嬉しいです

 

明日は全力で力試し!

と言いながらチューハイをプシュッ!

YOSHIMIは日本酒をgbgb

かんぱーい!して夜の宴をしてから就寝しましたw

 

 

 

 

 

| 河合 | 熊野古道ヒルクライム | 23:51 | comments(0) | - | -









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ