akamatsu号に乗って

ヒルクライムが好きな河合のブログです
<< 自分が後から見る記録 | main | 自衛隊横朝練 >>
すみっコぐらし検定

今回の記事は自転車やラン全然関係無し
当ブログに書いていいのか分からない内容
でも記録として後から見返す(自分の)為に
記事として書いておきます

 


大抵の方は興味が無いと思いますので
スルー推奨です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


河合夫婦はすみっコぐらしというシリーズが大好き
(特に河合がどハマりしています)


リラックマなら誰でも知っていると思いますが
リラックマを出しているサンエックスという会社の
キャラクターです
詳しい説明は省いてリンクだけ貼っておきます
サンエックス すみっコぐらし

 


河合夫婦、以前から自転車やヘルメットに
コッソリとすみっコシールを貼っておりましたw


すみっコぐらしの検定試験が実施されるとの事を知り
勢いで申し込みました


初級・中級と2つのカテゴリーがあり
中級は出題範囲が広くかなりの難易度らしいので
初級をペア受験で申し込みました


会場は東京と大阪という事で大阪を選択
受験票が届くまで会場の詳細な場所は分かりません


すみっコぐらしというキャラクター自体
メインターゲットが女児向けのコンテンツ
試験会場で子供の付き添いで無く
ガチ受験者で行く良い歳した夫婦ww
浮きまくりそうな想像をしてワクワクw


自分たちが受験する初級はコチラの聖典
「すみっコぐらし大図鑑」から出題されます


夫婦とも風邪をひいてしまい
なかなか勉強もはかどらずでしたが
とりあえず模擬問題57問は全問覚えました


試験の1週間前に届いた受験票

 


て の り ぬ い ぐ る み 1 体 ま で 持 ち 込 み 可

 


やっぱり女児向けだーーw

 


そして12月2日(日)

いよいよ決戦の日!!


会場は豊中市、服部緑地そばにある
中央工学校osakaという専門学校の教室を
借り切って開催されるという本格的な試験


JR阪和線〜地下鉄御堂筋線に乗り換えて


物販開始時刻(検定試験なのにグッズの物販があったw)
まんまと乗せられて早々と現地入りする河合夫婦


会場の中央工学校へ到着


道中、ライバル&同志な受験者たちが
(グッズを身に付けているので一目瞭然)
予想通り女子児童と親御さんばっかりw

 

 

 

 


限定グッズを買い漁ってから近くの服部緑地へ


現在10:20、試験会場の開場が13:30
めちゃくちゃ時間を持て余します


公園内を散策し、そして最後の追い込みに
聖典(すみっコぐらし大図鑑)を熟読


女児向けキャラクターの本を真剣に読む45歳w

 


ゲン担ぎでカツ丼セットの昼食を済ませ


いざ会場入り!


周りを見てみると意外に多い子供無し参戦者の姿w
ファン層なかなか広いのね(ホッ

 


試験はマークシート方式で90点満点
1問1点で80問、裏面には自由記述欄があり
そこの欄へはすみっコぐらしへの応援メッセージ
あるいはイラストを好きに書く(10点)


試験官からの説明があり、14:00試験開始


このようなハチマキが配られましたw


ぎゅっと締めて気合いを入れて回答開始


勉強した甲斐があってスラスラ回答出来る


しかしまだ前半、予想していなかった出題が(汗)
その後、いくつか自信の無い回答がありました
しかし合格ラインの65%正解は
余裕でクリアしてる手応え


試験開始から25分、マークシートの80問が終わり
いよいよ裏面の自由記述欄に着手!


ここでは推しすみっコのとかげ、にせつむり、ほこり
のイラストをでかでかと描き
すみっコ達への熱い思いを書き殴りましたww


気が付けば残り10分
自由記述回答欄にめちゃくちゃ力注いでしまいました


時間が来て試験官が解答用紙を回収し
無事にすみっコぐらし検定終了〜


後ろの席だったYOSHIMIは「自信無いー!」との事
帰り道に答え合わせをしてみたら・・


河合は80問中77問正解(96%)


YOSHIMIは80問中68問正解(85%)


合否発表は2月上旬ですが
多分二人とも合格していると思います(と信じたい)
 

すみをきわめられていますように・・

 

 

 

 

後日・・・合格通知が送られて来ました!

二人とも見事合格し、すみっコマニアに認定

無事、すみをきわめる事が出来ました!

バンザーイ!!

 

 

| 河合 | その他 | 20:49 | comments(0) | - | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

このページの先頭へ