akamatsu号に乗って

ヒルクライムが好きな河合のブログです
<< 堺浜夜練 | main | 30km走翌日の走ろう会 >>
ランナーのるつぼ30km走

長居公園で開催されているランニング練習会

「ランナーのるつぼ」に参加させて頂きました

 

今日のメニューは30km走

A坂さんにフルマラソン本番までに

30km走をやっておいた方が良いと

アドバイスも頂いていたので気合いが入ってます

 

今までの30kmを走った経験は

去年と一昨年の大泉緑地3時間走、計2回のみ

どちらも上げ下げが大きく終盤はキロ7分位にガタ落ち

 

これだけの距離を一定ペースで走るのは初めてです

 

一人で参加するつもりでしたが

走ろう会のH瀬さんにコナミで30km走参加の

話をした所、一緒に参加して下さることに

H瀬さんの奥様が車で送って下さる事に(嬉)

ありがとうございます〜〜!!

 

7:20に自宅前に迎えに来て下さり

8:00頃に長居公園そばで降ろして頂きました

奥様ありがとうございました!!

 

H瀬さんと一緒に「ランスポット」へ

ロッカーに荷物を預けてシャワーも浴びられて

料金たったの500円という素晴らしい施設です

 

長居公園のヤンマースタジアム前へ

 

土曜るつぼ開始です

15秒刻みで走りたいペース別の組に分かれます

 

ここでサプライズがありました!

 

大泉愛輪会のあみながさーん!!

ご無沙汰しております〜〜〜〜!!(嬉)

意外な所で再会出来てめっちゃ嬉しかったです!

また参加させて頂きますのでコチラでも宜しくお願い致します〜!

 

 

参加者全員でパチリ(写真はFBよりお借りしました)

明日の大阪ハーフマラソン調整で走られる方もおられ

(元々好きな所で抜けて良い練習なのです)

河合とH瀬さんは自己申告の際

「キロ5分30秒で行ける所まで」と申告

30km何とかペース落とさず走り切りたいな・・

 

速い組からどんどんスタート

 

5:30の組は10名ほどの集団で

長居公園の周回路を時計回りに走り始めます

 

明日のマラソン準備で報道関係や大会スタッフ

そして調整走する選手など

何だか独特の雰囲気です

 

最初はキロ5:30は余裕余裕って感じでした

しかし途中からキツくなるのは明白、頑張るぞ〜!

 

FBよりお借りした写真です

 

周回を重ねていると、沿道に「○○ようちえん」と書いた

旗を持った父兄たちの姿が

 

幼稚園マラソン大会があるそうで

引率の先生によると(ちゃっかりリサーチw)

走っている園児たちは5歳で1周+の3kmを

走るそうです

 

トップ選手たちの少し後ろを走る我ら5:30組

小さいランナー達は物凄いガッツを持っていて

選手同士だけでなく我々含む一般ランナーに

抜かれそうになると負けてなるものかと猛加速w

 

アツい戦いを後ろから観戦&応援しつつ

元気を頂いた1周でした

 

 

30km走はまだまだ続きます

20kmを過ぎた辺りからしんどくなって来ました

オマケにおしっこがしたくなって来たw

 

トイレに寄ってしまうと、もう集団復帰は無理

一人になって最後までペース維持出来るか?

・・無理でしょう

しんどいのもおしっこも我慢するしかないw

 

10kmで離れる方、ハーフで離れる方

そして25kmで離れた方で・・残ったのは

H瀬さんと河合の2名、30kmまで残り5km・・

頑張りましょう!

 

手元のガーミンを見ながら1kmごとに

5分26秒〜!とか申告しつつ

残り3kmでいよいよキツくなって来ました

膀胱も限界に近い〜w

 

気力で30km走り切り、H瀬さんに

「すみません!おしっこ行って来ます!」と

トイレに駆け込む河合なのでしたw

 

 

30km、想定ペースを維持して走り切れました

2時間41分10秒、1km辺り5:22でした

H瀬さんが居て下さらなかったら諦めてしまう所でした

本当にありがとうございました!

 

ランスポットでシャワーを浴びて着替えて出ると

雪が降って来ました

 

H瀬さんと一緒にJRで和泉府中へ戻り

王将で昼食を済ませてからお別れしました

 

30km走り切れて本当に良かったです

練習会に参加された皆様、H瀬さん、H瀬さんの奥様

ありがとうございました!

大変良い経験になりました!

| 河合 | ランニング | 22:41 | comments(0) | - | -









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ